日本ミトコンドリア学会 本文へジャンプ

  
J-mitについて 

理事長からのご挨拶  設立趣意書  定款  内規  学会役員   賛助会員


理事長からのご挨拶


 2020年度より 理事長を仰せつかりました、大阪大学理学研究科の石原直忠です。本学会は2001年度より「ミトコンドリア研究会」として発足し、以来20年にわたって日本のミトコンドリアに関する学術活動を行ってまいりました。これまでの活動を引き継ぎ、さらに発展させていけるよう尽力してまいります。皆様方には引き続きご助力いただけますようよろしくお願い致します。

 「ミトコンドリア」は細胞内の構造体の名前で、酸素を使ったエネルギー生産(酸素呼吸)を行っています。またそれ以外にも、酸化ストレスの産生・様々な物質の代謝・細胞応答などにも関与しているため、私達の体を健康に維持していくために重要な機能を持っています。
 このミトコンドリアは近年、基礎研究や幅広い医学の領域において大きく注目されています。本学会では、ミトコンドリアの成り立ちや制御機構の詳細を理解するためのミトコンドリアの生命科学に関する基礎的な研究と、病気の発症への関与や治療に向けた臨床的な研究の、両方の専門家が情報を交換しまた議論することで、ミトコンドリアに関する学術活動に大きく貢献してきました。その中でも特に、ミトコンドリアの機能が低下し全身に様々な病態が見られる「ミトコンドリア病」の診断と治療法は近年大きく発展しています。

 今後は、ミトコンドリアに関する生命科学研究と臨床医学の両面が更に大きく発展するべく活動を進めていきたいと考えています。特に、年に一度開催される年会や、その他の様々な活動を通じて、生命科学研究と臨床医学のそれぞれの専門家の交流を深め、それによりミトコンドリアの理解をさらに深めて、治療に役立てていくことを目指していきます。

 ミトコンドリアに興味を持ち役立てたいとお考えの、学生・大学院生・研究者・医師の皆様には、本学会にご参加いただき、あなたの知りたいミトコンドリアの最新情報が見つかり各分野の専門家と交流できる機会となるよう、学会としても精一杯サポートしていきたいと考えています。
 日本ミトコンドリア学会へ益々のご理解・ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
日本ミトコンドリア学会 理事長
石原 直忠